ミニチュアの家を持った男性

不動産会社との媒介契約には3つある

一戸建てを売却する時は不動産会社に依頼しますが、その時に媒介契約を締結する事が必要です。媒介契約には、専属専任媒介と専任媒介と一般媒介と3つありそれぞれ特徴が違います。専属専任媒介では専属と名前が付けられている通り、他の不動産会社に依頼出来ない形になっています。自分で買主様を見つけてきても、依頼した不動産会社を通さないと取引する事が出来ないです。不動産会社は売主様に1週間1回以上報告する事が必要です。専任媒介でも他の不動産会社に依頼出来ない形ですが、自分で見つけてきた買主様とは依頼した不動産会社を通さなくても取引する事が可能です。
売主様への報告は2週間に1回となっています。一般媒介では複数の不動産会社に依頼する事が可能です。買主様を自分で見つけてきても自由に取引が出来ます。最終的には売主様がどの不動産会社を通すのか決める事になります。不動産会社は取引成立した時には買主様売主様両方から仲介手数料を貰って収益としています。しかし一般媒介では、売主様に選んで貰えないと仲介手数料が入らない恐れがあります。専属専任媒介よりも専任媒介のほうが、売主様への報告回数が少なく手間が掛からないために、専任媒介で契約を結びたいと思っている不動産会社が多くなっています。

トピックス

不動産会社は大きいところの方がいいのか

不動産の購入を行う際に不動産会社を利用しますが、利用する会社の規模は大きければ大きいほど安心して利用出来るのでしょうか。物件の情報量に関してい…

もっと読む

不動産会社は業者名簿で確認する

悪質な不動産会社を見抜く方法は様々ありますが、宅地建物取引業の業者名簿でもその良し悪しを確認できるので紹介します。各都道府県には宅地建物取引業…

もっと読む

不動産会社のサイトで賃貸物件の検索

賃貸物件を探す時に便利なのが不動産会社のサイトです。わざわざ不動産会社にお出かけしなくても、24時間いつでも空いた時間に賃貸物件の検索ができて…

もっと読む